【健康】ストレス耐性を身につける方法

9pt   2018-08-10 01:50
しんちゃんのダイエット速報@2ch


個人差があるストレス耐性

 ストレスに耐える力、すなわちストレス耐性には個人差があります。ストレス耐性が高ければ、職場や日常生活においてストレスを感じた場合でも、目の前の問題に的確に対処できますが、それが低ければストレスで悩んでしまい、その結果対処がうまくいかないことになります。ストレス耐性は、全く同じ環境に置かれても、ストレスを感じない人もいれば、ストレスで思い悩んでしまう人もいるように、個人差があります。

 なぜ個人差が出てしまうのか。その理由は脳の扁桃体という領域の感受性の強弱と言われています。扁桃体の機能は遺伝や幼少期の経験である程度は決まると考えられています。例として、あるアメリカの大学での研究結果によると、乳児期にスキンシップや声掛けなど母親から受けた愛情が多いほど成人後にストレス耐性がより強いことが分かったとされています。遺伝や環境に加えて生活環境もストレス耐性に影響を与えるのです。

 加えて、睡眠不足やカフェイン、アルコールの過剰摂取は扁桃体を刺激しセロトニンの分泌を促し、ストレス耐性を弱める傾向があるため、要注意です。

・合わせて読みたい→
c?ro=1&act=rss&output=no&id=7973128&name

   美容・健康アンテナトップページへ
美容・ダイエットの話題が沢山。